<< 2012 有馬記念 データ解析 パート1 | main | 【2012】有馬記念 予想 ナカヤマナイト >>
2012.12.29 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.12.19 Wednesday

    2012 有馬記念 データ解析 パート2

    0
       〔1〕父の舞台適性 (最大6点減)

       近8年の優勝馬は全てサンデーサイレンス系と圧倒的な強さ。その前2年(2002、03年)もSSと同じヘイルトゥリーズン系であるクリスエスの産駒(シンボリクリスエス)が連覇している。逆に、世界の主流とも言っていいミスタープロスペクター系は過去10年で【0・1・2・11】と、ここではやや分が悪い。

       SS系で、昨年の勝ち馬オルフェーヴルを出しているステイゴールド、自身が04年の覇者であるゼンノロブロイの産駒は理想的だ。

       ほかのSS系では、ダンスインザダークは広いコースがベターで、産駒は有馬記念【0・0・0・13】。ダークシャドウは1点減点。ミスキャストは強調材料に欠け、ビートブラックも1点減点。

       スカイディグニティの父ブランアンズタイムは過去10年以内ではないが、優勝馬を3頭出している。SS系ではないので1点減点とするが、適性は高い。

       キングカメハメハとキングズベストはともにキングマンボ直子で、ミスタープロスペクター系。ルーラーシップ、トゥザグローリー、ローズキングダム、エイシンフラッシュは3点減点。

       ジャングルポケットは自身がダービー&ジャパンCを勝った東京巧者で、産駒も東京や京都のような広いコース向き。中山のGIで3着以内に入ったのは07年皐月賞3着フサイチホウオー(2番人気)のみだ。ダイワファルコン、オウケンブルースリは4点減点とする。

       〔2〕父の底力 (最大4点減)

       国内最高峰のGIで、勝ち負けするには当然ながら父系の底力も重要。有力馬の父であるステイゴールド、ゼンノロブロイ、キングカメハメハなどは自身がGIを勝ち、父としてもすでにGI馬を出しており、申し分ない。

       ブライアンズタイムは言わずと知れた大種牡馬で、GIを多数出しているが、近年は勢いがやや物足りない。スカイディグニティは1点のみ減点。

       ビートブラックの父ミスキャストはSS×ノースフライトの良血だが、現役時代に重賞勝ちの実績はなく、産駒で目立った活躍をしているのも同馬のみ。2点減点。

      〔3〕母の血統構成 (最大3点減) 

       重要なのは父だけではない。母系や母の父などにも注目が必要だ。この項目では母系の配合種牡馬をチェックする。

       《1点減点》ゴールドシップの母の父メジロマックイーンは、09年の勝ち馬ドリームジャーニー、昨年の覇者オルフェーヴル兄弟の母の父として有名だが、全体に配合されてきた種牡馬の質はオルフェらほどではない。エイシンフラッシュも構成は優秀だが、近代日本競馬の流行血統からはやや外れている。ナカヤマナイトは祖母の父マルゼンスキーが底力を補っているが、母の父カコイーシーズは少々弱い。

       《2点減点》ダークシャドウは母がプライヴェートアカウント×ダンジグ。スピードと底力は十分だが、長距離向きとは言えない。

       〔4〕母系の質 (最大7点減)

       《減点なし》母がGI馬で、近親にも活躍馬が多数いるルーラーシップ、トゥザグローリーは文句なし。ダイワファルコンも叔母に08年の優勝馬ダイワスカーレットがいる。ドイツの名牝系の血を引くエイシンフラッシュも底力十分だ。

       《1点減点》近親にGI馬が名を連ねるトレイルブレイザー、名門バラ一族の出身であるローズキングダムも、満点まではいかないが、母系の質は高い。スカイディグニティは半兄ゴールデンダリアが重賞勝ち馬で、母系からはダートを中心に活躍馬が多く出ている。

       《2点減点》ダークシャドウは近親にスプリントGI馬がいるなどスピード豊かで質も高いが、それだけに距離延長は微妙。ルルーシュの母系も本質的には中距離でスピードを生かす競馬が向く。オーシャンブルーはドイツの牝系で、スタミナは豊富。オウケンブルースリも母系はタフで、悪くない。

       《3点減点》ゴールドシップの牝系は、古くは第2回有馬記念の勝ち馬ハクチカラを出しているが、近年の活躍は地味。ビートブラックは一族にGI馬がいるが、このメンバーで強調するほどではない。

       《4点減点》ナカヤマナイトは近親に目立った活躍馬がおらず、やや活力不足の感。

       【2日目の結論】ルーラー単独トップ

       初日に満点をキープした2頭に減点があり、2日目を終えて満点はいなくなった。ルーラーシップは非サンデーサイレンス系で減点となったが、母系の底力は国内屈指の存在で、ほかの項目では減点なし。単独トップに立った。それでも2位ゴールドシップ以下との差は僅かで、混戦ムードだ。

       一方で、ジャングルポケット産駒のオウケンブルースリは2日目で6点の減点。初日の大幅(15点)減点も響き、残念ながらここで脱落となった。


      競馬をタダで攻略!競馬チャンネル ではWIN5の予想も掲載されています。
      yahooメールやG-mailなどでフリーメールを取って競馬専用で作ってもらうと便利です。
      無料で予想などは見れて、競馬新聞を片手にぜひ読んでみてください。
      2012.12.29 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        アクセスカウンター
        アクセスランキング
        ページランキング
        ブログパーツ
        ブログ村
        WIN5
        攻略!WIN5
        WIN5&重賞予想
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM