<< 2012 朝日杯FS データ解析 | main | 2012 有馬記念 データ解析 パート2 >>
2012.12.29 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.12.19 Wednesday

    2012 有馬記念 データ解析 パート1

    0
      〔1〕重賞勝ち(2000メートル以上で重賞1勝=2点減、2000メートル未満で重賞2勝以上=3点減、重賞未勝利=5点減)

      国内最 高峰のメンバーが集うレースだけに、実績がモノを言うのは当然だ。連対20頭中19頭は芝2000メートル以上の重賞ウイナー。そのうち、勝ち馬9頭を含 む14頭は同条件の重賞を2勝以上していた。重賞未勝利だったのは2003年2着リンカーン1頭のみ。重賞実績に欠ける馬は割り引きが必要だ。

      2000メートル以上で重賞1勝のみのオーシャンブルー、ダイワファルコン、ナカヤマナイト、ビートブラック、ルルーシュは2点減点。ダークシャドウは重賞2勝を挙げているが、ともに1800メートルなので3点減点。重賞未勝利のスカイディグニティは5点減点とする。 

      〔2〕GI実績(GI2着はあるが未勝利=1点減、GI連対なし=3点減、GI未経験=5点減)

      勝ち馬8頭を含む連対14頭がGIウイナー。残る6頭中3頭にもGI2着の実績があった。大舞台での実績はあればあるほどいい。また、それまでGI未経験だったのは02年2着タップダンスシチーのみで、最低でも出走経験は欲しい。

      GI勝ちはないが、2着ならあるスカイディグニティ、ダークシャドウは1点減点。GI出走経験はあるが、連対実績がないダイワファルコン、トゥザグロー リー、トレイルブレイザー、ナカヤマナイト、ネヴァブションは3点減点。今回がGI初出走となるオーシャンブルー、ルルーシュは5点減点だ。

      〔3〕前走はGI(前走がダートGI=3点減、前走がGI以外=5点減)

      連対19頭の前走が芝2000メートル以上のGI。前走がGI以外だった馬は【0・1・2・34】と明らかに劣勢だ。GIでも芝1600メートル以下やダートの場合はマイナス。なお、前走からの間隔に関しては、出走予定の全馬が中8週以内をクリアしており、問題ない。

      前走がジャパンCダートのトゥザグローリーは3点減点。前走がGIでないアーネストリー、オーシャンブルー、ダイワファルコン、ネヴァブション、ルルー シュは5点減点。前走が海外GIのトレイルブレイザーは、04年2着タップダンスシチー(前走が仏GI凱旋門賞)、06年2着ポップロック(前走が豪GI メルボルンC)の好走例があり、減点対象とはしない。

      〔4〕近走不振の馬は苦戦(前走6着以下=2点減、前走6着以下で2走前も3着以下=5点減、前2走とも4着以下=5点減)

      好調を維持しているかどうかはもちろん重要なファクターで、連対15頭の前走が5着以内。6着以下から巻き返した5頭中、3頭は2走前に連対しており、残る2頭はともに優勝には届かず2着まで。また、前2走とも4着以下だった馬の優勝例もない。

       前走が6着以下だが、2走前に勝っているエイシンフラッシュ、ナカヤマナイトが2点減点。前走6着以下で、2走前にも連対していないアーネストリー、オウ ケンブルースリ、トゥザグローリー、ビートブラック、ローズキングダムは5点減点。前2走とも4着以下のネヴァブションも5点減点とする。

      〔5〕同年にGI連対(今年GI連対はないが重賞勝ちはある=3点減、今年GI連対も重賞勝ちもなし=5点減)

      連対17頭は同年にGIで連対歴があり、残る3頭も全て同年に重賞を勝っていた。実績があるだけでなく、同年にも一線級で活躍していることが望ましい。

      今年、GI連対はないが、重賞を勝っているオーシャンブルー、ダイワファルコン、トゥザグローリー、トレイルブレイザー、ナカヤマナイト、ルルーシュは3 点減点。今年、GI連対も重賞勝ちもないアーネストリー、オウケンブルースリ、ダークシャドウ、ネヴァブション、ローズキングダムは5点減点だ。

      〔6〕3、4歳中心(5歳で今年重賞未勝利=3点減、6歳以上で今年重賞未勝利=5点減)

      3歳【3・4・2・31】、4歳【6・2・2・22】で、この2世代が中心。勝ち馬10頭中9頭は3歳か4歳で、5歳のドリームジャーニーが優勝した09 年は4歳馬の出走がなかった。特に6歳以上は【0・2・3・34】と苦戦。ドリームジャーニーを含め、5歳以上で連対した5頭は全て同年に重賞を勝ってい た。勢いがない高齢馬では厳しい。

      5歳で今年重賞勝ちがないダークシャドウ、ローズキングダムは3点減点。7歳のアーネストリー、オウケンブルースリ、9歳ネヴァブションはいずれも今年重賞勝ちがなく、5点減点だ。

      【初日の結論】ゴールド&ルーラー減点なし

      今年のクラシック2冠馬ゴールドシップ、悲願の国内GI初制覇を狙うルーラーシップの2頭が減点なし。実績や臨戦過程は申し分なく、トップに立った。

      対照的に減点が目立ったのは近走不振の高齢馬。7歳アーネストリーは昨年の宝塚記念馬、9歳ネヴァブションは中山でGII3勝を挙げる強豪だが、ともに20点以上の減点となり、脱落となった。

      逆に、オーシャンブルー、ルルーシュはともに前走でGII勝ちを挙げた勢いのある4歳馬だが、実績に乏しく15点減。早くも窮地に立たされている。


      競馬をタダで攻略!競馬チャンネル ではWIN5の予想も掲載されています。
      yahooメールやG-mailなどでフリーメールを取って競馬専用で作ってもらうと便利です。
      無料で予想などは見れて、競馬新聞を片手にぜひ読んでみてください。
      2012.12.29 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        アクセスカウンター
        アクセスランキング
        ページランキング
        ブログパーツ
        ブログ村
        WIN5
        攻略!WIN5
        WIN5&重賞予想
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM